キャッシングで金利が低いのはどこか

キャッシングを利用できる金融機関には、さまざまな種類があります。

 

現在では、銀行系、信販系、消費者金融と3つに分類されることが多くなっています。銀行系は以前よりも気軽に申し込めるようになっていて、利用者も多くなっています。

 

信販系というのはいわゆるクレジットカードによるキャッシングで、カードさえあればいつでも利用することができ、ポイントなどのサービスがある点もメリットです。以前から利用者の多かった消費者金融は、なんといっても審査に通りやすいことが特徴です。

 

また、審査などの手続きにかかる時間も短く、早ければ申し込みからわずか30分程度でお金を受け取ることもできます。銀行のキャッシングは、かつてあまりなじみのないものでした。

 

銀行では審査が非常に厳しく、また保証人や担保などが必要と一般消費者にはハードルが高かかったためです。しかし現在では、金額が低ければ保証人や担保を用意することなく利用することもできるようになっています。

 

信販系は、クレジットカードのキャッシング枠を利用することで、手軽にATMからお金を借り入れすることができるのが大きな利点です。すでにクレジットカードを持っていれば今すぐ利用できるといった使いやすさがある一方、改めてお金を借りようとカードを作る場合には、審査は銀行系よりも厳しくなる側面もあります。

 

消費者金融の審査は、誰でも簡単に通ることができるという印象ではないでしょうか。実際に、パートやアルバイトに対しても借り入れを認めてくれるので、審査のハードルは非常に低いといえますす。

 

その一方、近年では貸金業法の改正で総量規制などもあるため、全体的に審査が厳しくなっている一面もあります。

 

低金利カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日

 

金利は銀行がもっとも低い

キャッシングと大きく呼ばれていますが、その借入先にはさまざまな金融機関があります。特徴によって分けると、銀行系、信販系、そして消費者金融の3種類となります。

 

銀行系はかつては一般消費者には利用しにくい面があったのですが、今ではその点も変わりつつあり、利用者も増えてきています。信販系はクレジットカードを用いて行うキャッシングで、とにかくカードさえあればいつでも利用できるのが便利な点です。また、ポイントを貯めることができるのも大きな利点でしょう。

 

消費者金融はなんといってもその審査の通りやすさから、昔から人気がありました。また手続きも非常にスピーディーで、申し込みから30分もあれば入金まで完了することもあります。

 

銀行のキャッシングは、以前はなかなか利用しにくいという印象があったのではないでしょうか。お金を借りるには保証人や担保を用意しなければいけませんし、審査自体もなかなか通ることができない厳しさがありました。

 

しかし今では、担保や保証人がなくても少額のキャッシングなら利用できるようになるなど、かなり使いやすい面も出てきています。信販系のキャッシングでは、クレジットカードで融資を行います。キャッシング枠を利用するので、ATMからすぐにお金を借りることができます。

 

クレジットカードさえあればよいという利便性の一方、お金を借りるために作ろうとすると、なかなか審査に通ることができないといった側面もあります。消費者金融の審査はとても通りやすく、スピーディーです。

 

たとえば専業主婦やフリーターであっても、融資を受けることは十分に可能です。ですが、現在では貸金業法改正によって総量規制が定められたりと、その審査も厳しくなってきています。

金利の低いカードローンを利用したい場合には

金利の低いカードローンを探す

カードローンはカードを使って利用限度額内であれば何度でも引出しすることが出来るとても便利なローンです。

 

銀行や消費者金融などからカードローンは発行されていますが、カードローンを選ぶ場合色々比較して選ぶ人も多いと思います。

 

比較する内容は利用限度額や審査の早さ、発行している金融機関の知名度など様々だと思いますが、長く利用するとなると重要視したいのが金利だと思います。

 

金利が高く設定されてしまうと、毎月返済する利息が多くなってしまいます。

 

そのため出来る限り金利の低いカードローンを利用したいと誰もが思うはずです。

 

しかし金利というのは最初から最も低い金利を利用するのは難しくなっています。

 

利用限度額や審査などによって金利が決められており、長く利用することによって少しずつに金利が低くなっていくものだからです。

 

もし低金利のカードローンを利用したいのであれば、ここで低金利のカードローンについていくつか紹介しますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

金利の低いカードローンについて

金利が低いカードローンを利用したいのであれば銀行のカードローンがおすすめです。

 

銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されているのが特徴です。

 

ただ審査が厳しかったりまた審査に時間がかかってしまう場合がありますので、それらをふまえた上で利用を検討すると良いでしょう。

 

また消費者金融のカードローンには初回利用者限定や期間限定などで無利息で一定期間利用できるサービスを行っている場合があります。

 

すぐに返済できる金額であれば、このようなキャンペーンを利用するという手もあります。

 

他にも学生の場合や、まだ年齢が若い場合には金利の低い学生ローンやヤングローンを利用するといった方法もあります。

 

カードローンの活用方法とは

学生向けのカードローンやヤングローンなどの若者向けのカードローンは金利が低く設定されていますので、若い時からこれらのカードローンを利用して実績を重ねておけば将来金利の低いローンを利用できるかもしれません。

 

長く利用することが実績や信用を重ねることになりますので、審査にも影響してくるのです。

 

キャッシング会社を知る

お金を借りる場合は借入する先の情報はしっかりと把握しておきたいものです。最近便利に利用できる金融商品として人気が高いのがキャッシングです。このキャッシングは初めて利用する場合には何かと不安も多いと思います。
キャッシングを利用する前に調べておきたいのが自分が利用しようとしている金融業者がどのような会社なのかという事です。なぜそのような事が必要なのかというと、キャッシングを提供している会社には悪徳な会社も存在しているからです。もしこのような会社から借りてしまうと法外な金利で取立てされてしまい、あっと言う間に多額の借金を抱えてしまう事もあるからです。
そのためキャッシングが安心して利用できる金融機関について説明していきたいと思います。

 

キャッシングを行っているのは大きく分けると銀行、銀行系、それ以外に分けることができます

 

人気の高い最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

銀行カードローンとは

これは銀行から発行されている商品であり、普段お給料の振込や預金などで利用している銀行の事です。都市銀行だけでなく地方銀行でもその銀行によって様々なカードローンを発行しています。銀行の多くは自分の銀行の口座を持っていることが条件になることが多くなっています。また口座を持っているのであれば即日融資が可能と言う場合もあるので、銀行キャッシングを利用する場合は取引のある銀行の商品を使ったほうが便利です。利用するためには必ず審査を受ける必要があるのですが、審査は厳しく時間がかかることが多いです。しかし金利が低く設定されており限度額も高めに設定されており、総量規制の対象外となっているので年収の3分の1以上の借入にも対応しています。高額な融資を希望する場合は銀行がおすすめです。

 

銀行系カードローンとは

銀行系とは銀行とは違うのか?と思ってしまう人も多いと思いますが、これは銀行グループの金融業者の事になります。銀行の資本が入っているので銀行と同じように安心感や信頼度も高くなっています。金利は銀行よりも高めになってしまいますが消費者金融よりは低めになっています。

 

それ以外

それ以外のキャッシングというのは銀行のグループではない金融業者と言う意味になります。この特徴は審査が早くて融資も早いという事です。申込みしたその日に審査が完了して、その日のうちに融資が可能となっています。そのため急な出費にも対応できるのでとても便利なのですが、その反面金利は高く設定されてしまうのです。また利用限度額も銀行や銀行系と比べると低めに設定されているので高額な借入には向いていません。小口の金額をすぐに利用したい場合にはとても便利に利用することができます。

 

キャッシングはこのように利用する金融機関によって特徴が異なっています。そのため自分がどのように利用したいのかを考えて選ぶことができます。しかし先に説明したように悪徳な業者からは絶対に借りないようにすることです。審査不要などと謳っている金融業者は怪しいので利用してはいけません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日